防犯車載金庫のサイズ

防犯車載金庫のサイズ

防犯車載金庫のサイズ 車を狙った犯罪には色々ありますが、中に置いているものが盗まれることも多々あります。
いわゆる車上狙いや車上荒しとも呼ばれる犯罪です。
車はその使用上、無人にすることが多くなります。
自宅の駐車場ですらそういった被害に遭う事もあり、街中の駐車場でも監視カメラだけで管理者が居ない場合もありますし、ましてや路上駐車だとターゲットになる確率は高いでしょう。
車で出かければ、どこかで駐車をしなければならないですし、何らかの防犯対策が必要です。
車の中に置いたままにしておいた小銭だけで窓を割られては修理代が高く付きますし、愛車を壊されてしまったという精神的なショックは大きいでしょう。
財布や携帯、スマートフォンなどが盗まれたらそれこそおおごとになってしまいます。
愛車だけでなく営業車が被害に遭うと顧客
情報の入ったノートパソコンやUSBメモリーなどが盗まれることもあります。
そういった時に役立つのが車載金庫です。
金庫と言うと大きなものをイメージするかもしれませんが車載用のものはコンパクトなサイズになっています。
トランク内やシートの下に置くことも可能です。
ワイヤーが付いており容易に持ち出すことは出来ません。
この中に貴重品を仕舞っておくとターゲットにされにくいといったメリットもあります。

車載タイプの防犯グッズのメリットは?その重さや役割

車載タイプの防犯グッズのメリットは?その重さや役割 日本は治安が良い国として世界中に知られていますが、安全な国であるからこそ防犯意識のあまり高くない日本においては国内だけではなく海外の犯罪組織から狙われる時代になっています。
特に世界の中でも評価と価値が高いとされている国産車は犯罪組織に狙われてしまう確率が高くなっているのです。
近年は車載タイプの防犯グッズがいろいろと販売されており、最近人気の高くなっているドライブレコーダーや車に振動を与えたときに大きな音や光で周囲に異変を知らせる警報機などはメジャーなアイテムになっています。
それらのグッズを車に載せていることを外から知らしめるだけでも、犯罪者が狙う際の抑止効果が高くなる期待ができるのです。
車載タイプのものではハンドルロックなどもあり、重さが重い方がしっかりとその効果を高められるアイテムも少なくありません。
近年は性能が高くてコンパクトな商品も増えていますが、タイヤロックやハンドルロックなどに関してはあえて強固な素材や重さを使用して造られているモノもあるのです。