高まる車載機器の重要性

高まる車載機器の重要性

高まる車載機器の重要性 近年、車載機器の中で重要性が増している種類について解説します。車の安全走行のためと環境対応での燃費向上のため、様々な機能が電子化されています。これによって、車載用バッテリー・電池の性能向上が求められています。ハイブリッド車や電気自動車には高性能な電池が必要となります。ガソリン車やディーゼル車でも、電子化が進んでいるため、バッテリーの性能向上は必要です。
次に安全走行のために、様々なセンサーやカメラの重要性も増しています。自動制御や自動ブレーキのシステムには高機能なセンサーやカメラが求められています。あおり運転対策などで、普及が進んでいるドライブレコーダーにもカメラの性能向上は欠かせません。まもなく実現するであろう自動運転には、センサーやカメラの品質が重要となります。
車の快適性についても、忘れてはなりません。キーレスやイモビライザーも普及し、様々な機能を持って遠隔操作もできる様になりました。ヘッドライトの自動点灯も設置が義務化されるようですね。

なかにはECU機能が表示される機器も

なかにはECU機能が表示される機器も 車載するカーナビは車にとって必需品になり、現在は搭載されていない車の方が少ないと言えるほど標準の装備になりました。
車載する方法は一般的に、メーカーオプションと車を購入してからカーアクセサリーショップなどで購入して取り付ける方法が有ります。
後から購入する場合は、目的地へのナビゲーションや観光地の案内が主な機能ですが、メーカーオプション場合はECU機能がある場合も増えています。
ECUは車を制御するコンピュータで、以前からエンジンの電子制御やオートマチック車のトランスミッションなどに使用されていましたが、現在では安全運転の制御にも多く使われるようになりました。
追突防止や、車線のはみ出しを防いだりバックモニターなど多方面で使用され車載モニターとしての機能も増えてきています。
メーカーオプションのカーナビでは、目的地の案内だけでなく車の各種状況をモニターに表示して、走行状態や安全運転に役立つ情報を表示することでドライバーの安全運転をサポートしています。